2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

中央区社会福祉協議会

中央区社会福祉協議会は昭和47年に設立され、平成8年に社会福祉法人となりました。
現在は、区内13校区社会福祉協議会をはじめ、地域の関係団体や行政と連携して「誰もが安心して暮らせるまちづくり」を実現するため、地域に根ざした活動を展開しています。

【所在地・連絡先】
〒810-8622 福岡市中央区大名2-5-31 中央区役所1階
TEL 092-737-6280
FAX 092-737-6285
chuouku@fukuoka-shakyo.or.jp
開所日時:月~金曜日(祝日・年末年始を除く) 9:00-17:30

大きな地図で見る

ワーカーだより54号(3月号)発行しました!

今月は移動支援モデル事業と、夫婦でのボランティア活動、

「ネウボラ」という言葉を紹介しています。

ワーカーだより53号(2月号)発行しました!

遅くなりました。アップしたつもりがされていませんでした…

今回は、使用済み切手収集のボランティア活動の秘密を紹介!

ワーカーだより52号(1月号)発行しました!

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

今月は、市民後見人や成年後見制度の特集です。
最後に、「福祉」と「お酒の」意外な関係コラムも載せています。お楽しみに。

中央ふくし倶楽部89号を発行しました!

1面では「遺贈」についてとりあげました。「1page.jpg」をダウンロード

2,3面では、専門職と地域のつながりについて、ネットワーク中央5をとりあげました。
4面では、ファミリーサポートセンターを紹介しています。特に、提供会員(預かる会員)は急募です!
1/19、24、30にふくふくプラザで講習をしますので、ぜひ受講してください!

ワーカーだより51号(12月号)発行しました!

12月号は福岡市保育士人材確保事業、Voひまわりによる外出支援の事例、

キーワードは「フードバンク」です。羽根を使った募金についてもふれています。
さて、何色あるでしょうか…?

ワーカーだより50号(11月号)発行しました

記念すべき50号は、避難訓練と見守りのコラボ特集です!

カラーで読めるのはブログだけ!

ワーカーだより49号(10月号)発行しました

今月は、共同募金と3Dプリンタ、白杖の貸出しについてです。

最後のコメントは各区で違いますので、お楽しみに♪

ワーカーだより48号(9月号)発行しました

今月は、奉仕銀行と徘徊模擬訓練、「ユマニチュード」です。

最後のコメントは各区で違いますので、お楽しみに♪

中央区シニア地域サポーター養成講座のご案内

 身近な地域で日常生活のちょっとした困り事のお助けをする、中央区生活支援ボランティアグループ「助け愛隊」では、新規隊員を募集しています!ボランティア活動初心者も大歓迎です。

 ○日時と内容

 912()10:00-14:30

 ①認知症高齢者の基礎知識(仮):宅老所よりあいの森 村瀬 孝生氏

 ②ボランティアの基礎知識:社協職員

 ③助けあいゲーム、現メンバーとの交流 ほか

○場所:あいれふ7階 第2研修室(中央区舞鶴2丁目5-1)

○参加資格:中央区在住の50歳以上で講座終了後にグループとして活動可能な人・・・先着30

○申込み期限9月5日()必着

○申込み・問合せ:電話・FAX・はがき・Eメールのいずれかで住所、氏名(ふりがな)、

年齢、連絡先を記入して中央区社会福祉協議会(☎092-737-6280、FAX092-737-6285、chuouku@fukuoka-shakyo.or.jp)へお申し込みください。

「moushikomi.jpg」をダウンロード


社協ワーカーだより47号

遺贈とフレイルについてです。ぜひ御覧ください。

«ワーカーだより46号